豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2002年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ていねいな言葉使い? 
ていねいな言葉使い? 



豚児はよく丁寧語でしゃべっている。普段の会話は「です、ます」調だ。

普段ウチでは渓太に対しても丁寧な言い方で対応していたら、自然とそうなってしまった。

小さい子が
「・・・してくだしゃーい。(してください)」とか「・・・でしゅう(です)」とか言っているのはとても可愛いらしい。

「おとうしゃん、車のゲームやってくだしゃーい。」とか「これは赤ジュースでしゅうー」
と言っている。

僕は知らなかったけれど、カミサンは少女漫画の「ぽかぽか」(でしたっけ?)に出てくる幼稚園児の女の子が「ていねい」な言葉使いなのにをしているのに憧れていたらしい。

でも、そこはまだまだ、3歳未満の子供らしく、時々とんでもない言葉遣いをして驚かされている毎日だ。
TVをよく見ている渓太はその影響をもろに受けているようだ。

そのほかにも最近、豚児はヒトのことをいろんな呼び方をするようになった。
普段は「おとうしゃーん」「ママぁー」と呼んでるくせに、

「しんじ、しゃーん」「○○○ちゃーん」と可愛く呼ぶときもあれば、

「しんじィー!」「○○○ィー!」

と、軽く呼び捨てにさえすることがある。
(ちなみにこのシンジというのが私ころすけポーの世を忍ぶ仮の源氏名だったりする・・・なんのこっちゃぁ)

この前、僕が風邪を引いて早めに2階に行って寝ていたら、後から母親と一緒にあがってきた渓太が枕元にやってきて、僕の顔をなでながら、ひと言…

「しんじィー、ここにいたのかぁー」

おいッ、タメかよッ!

まさか、オムツも取れていない2歳児にタメグチを聞かれるとは思わなかった。ウチでは僕のことをシンジなんて呼び捨てにするのは誰もいないのに、どこで覚えたのだろう。
初めてこう言われた時は、少しショックだったけど、もう慣れてしまった。

これからだんだん、口が悪くなっていくんだろうなぁ。と思う。男の子だし…
[PR]

by TONJIES | 2002-07-24 15:27 | 豚児1号 ケイタ
アンパンマン号に乗って 
アンパンマン号に乗って 



このごろ休日の天気のいい日には、豚児(2歳半)を自転車アンパンマン号に乗せて、車や電車を見に出かけるのが習慣になっている。

アンパン号(といっても、ママチャリの風防にアンパンマンの絵がかいてあるだけだが・・・)に乗った渓太はたいがい、いつもご機嫌だ。

「アンパンマン号、発進!」といって走り出す。

「あー黄色いブーブーだったねぇー。
見て見て、あの車はなんでしょ?。あっ、そうだ。パジェロだ。
あーるえっくすセブン、かっこいいですねぇー…
お父しゃーん、ぽるしぇ、あったよぉー。
次はなにかな?、なにかな?…青電車でしたぁー…。
ジャーン、スペーシア来たよォー。次は、しょうぼう車見にいこか?。
次は…なんでしょ?…あの車はベンツって言うの…
早く走るために、いろーんな工夫がしてあるんだぁー。」

これは父子の掛け合いではなくて、息子が一人でしゃべっているのです。全くよくしゃべる子で…いつもこんな調子で疲れて寝てしまうまでしゃべり続けている。
そのネタ元は車や電車のビデオだったりするのだが、よく疲れないなぁ、と思うほどおしゃべりだ。

と、ここまで書いていてふと気がついた。
          

普段は「無口な男」「男は黙って…サッポロビール」と言われている、私ころすけポーなのですが、ひとたび酔っ払うと何故だか急におしゃべりになってしまう。そう言えば、昔からよく友人や家族から指摘されていた。酔っ払うと一人でニコニコ笑いながらしゃべり続けている、らしい。(もちろん自覚しているんですよ)
なんせ、人の発言を無理やり遮ってでも自分で「何かウケル事」をしゃべっていたい、と思っているから始末に終えない。

そうかぁー、僕に似てしまったのかぁー。
困ったなぁ。
[PR]

by TONJIES | 2002-07-23 15:25 | 豚児1号 ケイタ
みみ、かしてくだしゃーい? 
みみ、かしてくだしゃーい? 



耳フェチという言葉はあるのか、ケイタは人の耳たぶを触ることを好む。

赤ん坊の頃から母親の耳たぶを触りながら寝ていた。耳たぶの柔らかいところを触っていると安心するのか、

今でも、眠たくなってくると、「みみ、かしてくださーい」と言ってくる。
母親の耳が一番のお気に入りみたいで、あまりにぐりぐりされて耳が赤くはれていたことがあった。

母親がいない時は、僕の耳たぶをさわって我慢している。
そうしているうちにいつの間にか寝てしまう。

ケイタにとって耳たぶが「ライナスの毛布」になっているのかもしれない。それが自分のアイディンティティを支える重要な要素になっているのだろう。

まだ、ハイハイからやっと歩き始めた頃、玄関の中で寝ている飼い犬の上にケイタが乗りかかろうとしていたことがある。
この犬は35キロもあるのに大人しい犬で、ケイタのするがままにしておとなしくねていた。
ケイタは自分の3倍はある犬の上にのしかかって、犬の耳を一生懸命にさわっていた。

おい、やっぱり、耳かよー

思わずツッコミを入れてやりたくなった。
[PR]

by TONJIES | 2002-07-18 15:24 | 豚児1号 ケイタ
車好き?  
車好き?  



男の子は小さいときからみんな、「のりもの」がすきなのだろうか。

「ああ、この子は車好きなんだなぁ」
と気がついたのは、まだケイタが乳児の頃だった。
乳児の頃から、泣き出すと外の通りに連れ出していた。走っている車を見せると、ケイタは機嫌が直って泣き止んだ。

僕は車なんか「走ればいいんだ」と考えているので、あまり車種とかにも興味はない。だから、家の誰かの影響ではなくて、この子の車好きは本来ものらしい。

最初は車種もよくわからなかったらしくて、ウチの車を「ベンツ、ベンツ」と言っていた。近所の手前はずかしかったが、最近ではかなりの車を判断できるらしい。
散歩をしていても、「しんがたマーチあったよー」とか「すぱしお」「びーえむだぶる(BMW)」「らぶふぉー(RAV4)きたよー」と、通る車の車種を片っぱしから叫んでいる。

絵本の変わりに、車のカタログやチラシをうれしそうに見ているので、たまに古本屋で車雑誌を買ってきてやる。そうすると、何度もその本を開いては、

「この車は、なんでしゅかー」

と聞いてくる。自分がとっくに覚えてしまっている車でも、言葉に出して言ってもらうのがうれしいのか
「これはポルシェ」「ランボルギーニ」「テスタロッサ」と答えてやると、何度でもそれを繰り返す。

だた、まだ「ランボルギーニ」とは発音できずに、何回教えても「がんごぎーぎ」になってしまうのがおかしい。

それでも、「がんごぎーぎかうんたっく」「がんごぎーぎかうんたっく」といっては喜んでいる。
[PR]

by TONJIES | 2002-07-16 15:24 | 豚児1号 ケイタ
突然訳のわからないセリフが
突然訳のわからないセリフが…


豚児は動きもちょこまかとすばしっこいが、口も早くて小さいころからよくしゃべる子だった。
映画のビデオをよく見せていたので、そのせいなのか、まず最初に覚えたのも、ビデオの中の台詞だった。

わけのわからない言葉を繰り返ししゃべっていることがよくある。その原典は車や電車のビデオのナレーションだったり、映画の台詞だったりする。

「1975ねん、にかいだて、とっても、いいきもち・・」


これは、ちょっと前までよく言っていた台詞で、最初は何を言っているのかまったくわからなかった。
どういう頭の構造をしているのか、この台詞を繰り返し繰り返し言っている。

「1975ねん、にかいだて、とっても、いいきもち・・」

ある日、一緒に電車のビデオを見ていて、やっと気がついた。2階建て電車の説明で同じ台詞を言っている。
「これだったのかぁー」


この前は自転車の前に乗せて二人で散歩していると、ケイタが突然空を指差して叫んだ。

「あーっ、シータが空からおちてくるよー、おとうしゃんー」

思わず空を見上げてしまいましたね。
「本当かよー」

シータというのは宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」の主人公なのですが、街中で突然、大きな声でそう言い出したのでびっくりしてしまった。
[PR]

by TONJIES | 2002-07-14 15:23 | 豚児1号 ケイタ
まかまかめッー 
まかまかめッー 



まだオムツの取れていないケイタは、たいがいウンチをしてしまった後、
「パンツをかえよう、こっちへおいで!」
と言うと、
なぜだか急に怒り出しす。
「まかまかめっー」
と言いながら逃げていってしまう。

「嫌だ」と言う代わりに自分で作った造語を使っているみたいだ。

まかまかめっー、まかめっー

大意として「私はあなたの言いなりにはなりたくない」と言う意味があるらしい。

自己主張の一つで成長の証しなんだろうけれど、2歳半にもなってオムツの取れない豚児が
ウンチをつけたまま逃げ回っているのを見ていると、とても成長しているとは思えない。

そんなわけで、我が家ではすっかり、ウンチのことを『まかまかめ』と呼称するようになった。

「ケイタぁー、まかまかめした?」
「まかまかめが2日も出ていない」
「明日、健康診断の検便だから、まかまかめを持っていかなくちゃ・・・」

とか・・・


そんなことはないかぁ。



 
[PR]

by TONJIES | 2002-07-12 15:22 | パンツへの道
ワールドカップ決勝
ワールドカップ決勝 
(15億人の中に入れなかった夜)



楽しみにしていたワールドカップの決勝戦、ブラジル対ドイツ。その晩、カミさんは仕事でいなかったので、ケイタと二人で試合を見ていた。
前半戦、ブラジルの攻撃を守り続けるゴールキーパーのカーン・・・

ケイタは、チラチラとTV画面を見ながら、

「おとうしゃーん、くるま、やろー!」
(大意・お父さん、僕はサッカーの試合よりも車のTVゲームがやりたいのです)

という。TVゲームをやるといっても、所詮、まだ3歳にもなっていないケイタにできるはずもなく、まわりの大人がやっている車のゲーム画面を一緒に見るだけなのだか、車種を選ぶ時に「次は黄色がいい」とか口をはさんで喜んでいる。みているだけで、未だ自分でコントローラーを操る事はできない。
最近、「やろう、やろう。」と、うるさいので寝る前に少しやって、寝かしつけている。

眠くなってきたので、ぐずり始めたらしい。
「おとうしゃーん、くるま、やってくだしゃい。くるまやってぇー」

「でもな、ケイタぁー、今日はW杯の決勝なんだぞ。全世界で今15億人くらいの人が、このゲームの生中継をみているんだ。おとうさんだって、ビデオじゃなくて、なまの中継で見たいじゃないか。」

と言い聞かせても、ケイタの頭の中は「今」この瞬間のTVゲームの方が大事らしい。

「くるま、やってー。くるまーやってくだしゃーい。」

と言って聞かない。
放っておくと、そのうちに泣き出すのは分っていたので、
「よし、じゃあ、この試合が終わったらやってやるよ」
と約束してあげた。
上手くいけは、試合中に眠ってくれるかもしれない・・・

「しあいが、あわったら。しあいが、おわったら・・・」
ケイタは自分に言い聞かせるように、そう唱えていた。

それからは、レフリーが笛を吹いて試合が中断する度に、
「おとうしゃん、しあい、おわったぁ?」
「しあいー、おわったぁ?」
と聞いてくる。
ゲームがやりたいという事で、小さな頭がいっぱいらしい。

そのうちに前半戦が、0-0で終了した。よせばいいのに、NHKはハーフタイムにニュースなんか流し始めた。
これを見ていたケイタは小躍りしている。

「しあい、おわったぁー」
「しあい、おわったぁー、おわったよぉー、おとうしゃんー」

「でも・・・ケイタぁー、まだ後半戦が・・・」

「しあい、おわったぁー」
「しあい、おわったぁー」

「・・・・・・・・・」

しょうがない、ついに、僕はあきらめて、ビデオの録画のスイッチを入れた。

TVゲームをはじめても、ケイタはなかなか寝てくれなかった。
カーンは大丈夫だろうか、と思いながら、1時間ぐらい車のレースをやり続けた。
ケイタがやっと寝てくれて、NHKの中継に切り替えときには、後半戦はもう終わっていた。
[PR]

by TONJIES | 2002-07-01 15:21 | 豚児1号 ケイタ