豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2003年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幼稚園で遊ぶ    
幼稚園で遊ぶ         


この春から渓太は週2回幼稚園に行くようになった。
まあ本格的な入園前の体験クラスなのだが、最初の頃こそ母親と一緒でないのを不安がっていたが、最近では、
「がんばってくるじょーおー」
と元気にお弁当を持って出かけている。
幼稚園までの送り迎えは母親に連れて行ってもらっているが、それからは渓太だけでクラスのお友達や先生と遊んだりお弁当を食べたりして遊んでくるようだ。

親から離れて自分だけの世界で渓太がどうしているのか、内弁慶で外ではからっきし弱い渓太を見ていると、どうも親としては不安だ。
一人でお弁当を食べられるだろうか
泣き出していないだろうか
最初の頃は幼稚園の運動場の外に車をとめて様子をしばらくうかがっていた。
教室にかばんを置いてきた他の園児たちと運動場にかけだしてくる渓太を隠れてしばらく見てから帰ってくるようにしていた。
それなりに渓太もみんなと一緒に遊んでいる。愚かな親が思っているよりも子どもはずっとしっかりしているのかもしれない。

お友達とオモチャの貸し借りをしたり、一緒に共有のオモチャで遊んだりすることが、一人っ子の渓太には苦手らしい。家の中では甘やかされて渓太の天下になっているし、兄や姉のいる子どもに比べて争うこともない渓太はそのぶん打たれ弱い。

先生の話では、渓太が教室の中でオモチャを独占して意地を張っていたらしい。先生にそれをとがめられると、すねて、「ママに会いたいなぁー」と言っていたという。

がまんすること、自己主張することのバランスが自分の中でもうまく言ってないようだ。
でも、何もあせることはない。少しずつ学んでいけばいいのだ。
ちょっと前までは母親のお腹の中にいたようなやつなのだから、もっと気長に長い目で見てやっていい。しかも、その少し前までは、ただの空気だったのだから・・・

それでも幼稚園の日はそれなりに楽しいらしく、行くのが嫌だとはあまり言わなくなった。

「今日の幼稚園では何やっていたぁ?」と聞くと、
「○○くんと戦ってた」という。
ケンカでもしているのかと思って、○○くんは嫌だっていってなかったかと尋ねると、
「○○くんは、つよいんだよ。渓太もつよいから、だいじょうぶなんだぁー」

本当にたいじょうぶかぁー?


先日めずらしく、ぐずって幼稚園に行かないと言っていたらしい。
送っていった母親に(幼稚園のグランドでは)遊ばないとダダをこねていた渓太が、先生に声をかけられると、ころっと態度を豹変させたという。
可愛くあまえた声で、
「せんッせー、お外であそびたいなぁー」

「このぉ~」と母親は怒っていた。
[PR]

by TONJIES | 2003-06-23 15:13 | 豚児1号 ケイタ
トイレトレーニング   パンツへの道 祝!最終回
トイレトレーニング
(パンツへの道 祝!最終回) 

長かった道のり

さようならパンパース、こんにちは新しいパンツ!




長かったパンツへの道のりもとうとう惜しまれつつ最終回を無事迎えた。(誰も惜しんではいない)
長かったなぁー、でもよかった、よかった。ばんざーい!ばんざーい!これもひとえに皆さんのおかげです。涙涙…

というわけで、渓太はトイレでウンチも出来るようになった。
(と言ってもここ3日ほど出来ただけなのでこの先どうなるかがまだ心配だが・・・)

ここ半年ほど、オシッコはほぼ完璧に出来るようになっていた。夜寝る前にオシッコに行くと朝までおねしょもしたことがないし、昼間は一人でズボンを脱いでトイレでオシッコをしている。
一度だけ遊びに夢中になって部屋でお漏らしをしてしまったことがあった。
遊んでいた渓太が急に仁王立ちになって、
「しっ、しまったぁああー」と時代劇のひとみたいなセリフをはいたかと思うと、
じょじょじょじょじょーー
パンツの中におしっこをしていた。
このときはおかしくて笑ってしまったけど、それ以外は失敗したこともない。

それなのに、ああそれなのに…
オシッコの時は喜んで一人でトイレに行くくせに、ウンチになると嫌がってトイレでしようとはしなかった。
渓太は便座の上にしゃがみこんでおしっこをしている。その目の前に雑誌の付録でついてきた「あいうえお」の51音表が貼ってあるのだが、渓太はこれを見るのが好きで「あひるのあ」「いぬのい」と大きな声で読みながら遊んでいる。
ところがウンチになると、どういうわけか怖がってトイレに行かず、わざわざパンツ状のオムツに履き替えてウンチをしていたのだ。

そんな渓太が3日ほど前から母親がなだめると、トイレでウンチをするようになったという。
(実は僕はまだこの光景に立ち会ったことがないので又聞きなのです)

最近の渓太はよく食べるようになってきたのでウンチの量もかなり多い。
トイレでするようになって、初めて自分のした細長いウンチを見たのだろう。
「エビフライみたいだねぇー」
と渓太が言っていた。
[PR]

by TONJIES | 2003-06-14 15:12 | パンツへの道
戦いの日々… 
戦いの日々…  



先日かみさんに聞いた話…
二人で部屋で遊んでいた時、渓太の振り回した車のおもちゃが母親の頭を直撃したという。
それもクラッシュギアというやたらごつごつしたオモチャだったので、その尖ったところが頭に当たって本当に涙が出るくらい痛かったらしい。

「痛いッ!」と慌てて鏡で自分の頭を確認していると、その後ろで渓太が泣き出してしまったという。
急にマジになった母親の様子で不安になったのか、最初のうちは「ママ、大丈夫?」と普通にしていた渓太が、怖くなって泣き出してしまったらしい。

かみさんのケガはたいしたことなくて、後でその時の渓太の様子を、
「かわいかったのよ」とおかしそうに言っていた。

「なるほど、その手があったか」と思いましたね、僕は。
渓太に痛い目に合わされているのは普段「戦い」をしている僕の方が多いのだ。
最近よく渓太は僕に向かって、
「2階に行ってたたかいをしよう」という。
2階の寝室で枕投げをしたり、ベットの上でブレンバスターやバックドロップで渓太を放り投げてやるのだが、そのたびにきゃっきゃっと喜んで僕に飛び掛ってくる。もちろん手加減して少しも痛くないようにしてやっているのだが、そうやって戦っているとだんだん渓太は本気になってきて結構強いパンチやキックが飛んでくる。
グーのパンチや足の裏でのキックをまともにやられるとかなり痛い。パチキ(頭突き)を顔面に食らうと一瞬めまいがするほどだ。

やられた時にかみさんの真似をして、ひどく痛がってみせた。
「痛いッ!」といって顔を両手で抑えて倒れると、渓太が心配そうに覗き込んできた。

泣くか?と思ってそのままにしていると、渓太は、
「大丈夫!だいじょうぶ!たいしたことない、たしたたことない…」
と一人で決めつけてどこかへ行ってしまった。
おい、おい…


「ブーン、ブブブブーン」
しばらくすると、となりの部屋で何事もなかったかのようにミニカーで遊んでいる渓太の声が聞こえた。
[PR]

by TONJIES | 2003-06-07 15:11 | 豚児1号 ケイタ
少年と犬 
少年と犬



生まれた時から自分の家に犬がいると言うのはどんな気持ちだろう。僕など犬を飼いたくてしょうがなかった少年時代を送っていたので、今の我が家で渓太が当たり前のように犬と遊んでいる姿がうらやましい、と心から思う。

玄関にある犬の寝床のサークルに入って渓太がしゃがみこんでいる。
「何やってんだぁ?」
と聞くと、
「わんッ、わんわんッ」と渓太が答える。どうやら飼い犬のコロのマネをしているらしい。
「うぅぅー、わんわんっ」
コロのマネをしながら渓太が言う。
「お父さん、マテ、スワレって言ってくださーい」
言われたとおりにマテ、スワレと命令すると喜んでいる。

「よぉーし、よしっ」と頭をなぜてやるとうれしそうに「わんわん」言い続けていた。


こんな感じで渓太は犬のコロの真似をして遊んでいる。
毎朝コロを連れて散歩に行こうとすると、コロはちぎれんばかりに尻尾を振る。
「さっ、さんぽ? さんぽですか? わぁーい、わぁーい!」とその目じりで言いながらコロは僕にとびついてくる。
そんな時にそばに渓太がいると必ずコロの真似をして同じように飛びついてくるのだ。

この二匹(じゃなかった一匹と一人)を一緒に庭で遊ばせていると、渓太はコロの後ばかり追いかけて回っている。自宅の車の周りをくるくると何回も回って追いかけっこをして遊ぶ。一度などコロがボールを咥えたのを真似して、渓太は犬用のダンベルのオモチャを咥えてコロを追いかけていた。

そんな渓太に対して、犬のコロは少し迷惑そうに「かなわんなぁー」という顔をしながらも根気よく付き合ってやっている。
考えてみると、コロと渓太と同じ年(1999年)生まれといっても、犬のコロの方は満4歳、人間の年齢に置き換えると約30歳ぐらいなのに対して、渓太のほうは3歳半、人間の年齢に置き換えても3歳と半年だ。(当たり前だよ!)
かたや30歳のオヤジといわれてもいいような年齢と3歳児の組み合わせと考えると、コロの渓太への態度も納得がいく。

それでも渓太の方は、みんなで出かけていて帰宅した時など、
「コロちゃん、さびしかったかい?」と生意気な口をきいている。

先日は、夜、玄関で寝ているコロにずっと話しかけていた。
自分のお気に入りのミニカーの説明を延々としていたかと思うと、
「コロちゃん水のみなっ!」といってみたり、半分寝ているコロを起こして煮干をあげたりしていた。

家内に内緒でコロを玄関から家の中に上げると、渓太はすごく喜ぶ。
「コロちゃんもこっちにきてケイタといっしょにあそぼー」
部屋の中を毛だらけにしてコロの痕跡を残すとかみさんがうるさいので、玄関に下ろそうとすると、必死にそれを阻止しようとする。

いつか渓太ももっと大きくなったら、母親の目を盗んで自分の布団の中にコロを入れたりするのだろうか。すっと昔に僕がそうしたように…。
[PR]

by TONJIES | 2003-06-01 15:08 | 犬のコロと