豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小さな大魔神
小さな大魔神
ガクさまのお怒り



このところガクはすこぶる機嫌が悪い。

言うことはきかないわ、ちょっとでも気に入らないことがあると暴れて泣き出して手がつけられないようになってしまう。

「ガクさまのーお怒りじゃぁー」

という状態にすぐになってしまうのだ。

大魔人ではないのだから、いきなり憤怒の顔になって怒らないで欲しい。そうかと思うと急に大きな声で笑い出したりするのだ。
いつも大声で泣いて抗議しているので、その笑い声にも、思わず顔を覗き込んでしまう。
顔を見てやっと「なんだぁ、笑っているのか」と安心するのだ。

これを反抗期というのだろうか、自分の思っていることが瞬時にかなえられないことに我慢ができないらしい。泣いて叫べば自分の主張が通るとかたくなに思い込んでいるようだ。

ママがすぐに抱いてくれない、今外に行きたいのに行かせてくれない、積み木がすぐに崩れてしまう、兄がミニカーを貸してくれない、ご飯は食べたくない、お風呂も嫌だ…

毎日毎日、チョッとでも自分の思い通りにならないことがあると、瞬時に怒りを露わにして泣き叫んでいる。

いいかい、がく、と僕は言い聞かせている。

世の中は君だけを中心に回っているのではないのだよ。
このことを君は学ばなくてはならない、とお父さんは思う。

ママだってお掃除もしなくてはいけないし、外に出て遊びたくても雨の日は遊べないのだし、地球には引力があるのだから、積み木だって崩れてしまうものなんだ。
いつも優しいお兄ちゃんだって、たまには自分のオモチャを貸したくない時もあるだろう、君の好きなヨーグルトだけじゃなくて、ご飯も食べなくては大きくなれない。汗びっしょりで遊んでいるのだからお風呂にも入らなくては…

でも、残念なことにガクは論理的な世界とは別な世界の住人なので、言葉でいくら説明してもわかってくれない。
この小さな暴君は、自分の周りにいる人間は全て自分の言うことを直ちにきいてくれる召使だとでもおもっているようで、何かにつけてすぐに癇癪をおこしている。


ケイタ(兄)の時はこれほどではなかった。ガクぐらいの頃に反抗期らしきものはあったが、これほど激しく執拗ではなく、もっと穏やかなものだったと記憶している。
たぶん、これはガクの気性の強さの表れなのだろう。
気持ちが強いということはいいことだ。彼は幼児ながらにしてしっかりとした自己主張と意固地なまでの意思を持とうとしているのかもしれない。

親としては大変なことではあるが、それはそれでガクの性格なのだろう。

と思ってみても長時間この癇癪に付き合っているとかなり疲れるのも正直な感想だ。抱き上げても泣いて暴れるので危なくてしょうがない。

このガクの意思の強さにたいして僕は「イライラしたら負けだな」と思っている。

抱っこしているガクが激しく泣き叫ぶたびに、よしよしと僕の方は笑顔を見せるように努めている。
K-1選手のレイ・セフォーが殴られるたびに「にこにこ」しているように、僕もガクの激しい『泣き叫び』攻撃をうけるたびに「ヘラヘラ」笑っているのだ。

でも、その笑いもだんだん引きつったものになってしまうのはいなめない。それくらいガクの癇癪は日に日に激しさを増してよりパワフルなものになってきているようだ。

「ガク様の~お怒りじゃぁー」

「荒ぶるカミよ、静まりたまえェェー!」

もののけ姫のマネをしてみても、我が家の「怒りで我を忘れている」あらぶるカミは、ジブリネタでは笑ったりはしてくれないのだった。
[PR]

by tonjies | 2005-07-30 06:40 | 豚児2号 ガク
子どもは親を選べない
子どもは親を選べない



僕は仕事を終えた後、駅のホームで乗り換えの各停の電車を待っていた。午後9時を回っていたと思う。その日は休日だったのだが、お祭り帰りの客でホームは混雑していた。みんなけだるそうに電車を待っている。

その時ホームの白線の向こう側で遊んでいる男の子がいた。2歳ぐらいの男の子が一人でホームの端で行ったり来たりしているのだ。あたりを見回しても親らしい連れがいなかった。
まだ電車が来るのには少し時間があったけれど、さすがに危ないと思って男の子の方に行こうとすると、近くにいた駅員も気がついたのだろう、その子を抱き上げて、親御さんはいますかと回りに声をかけた。


すると、少し離れてうんこ座りをしていたヤンキーの若い二人連れが気のないような返事をした。駅員に自分の子どもが保護されているのに、立ち上がるでもなくぼんやりと座っているこの若いヤンキー夫婦が男の子の親だったらしい。僕もこの二人には気がついていたけれど、まさか彼らが親だとは思いもしなかった。
それくらい、自分の子どもに関心がないような振る舞いなのだ。

何という無関心…僕は胸がつまるような思いがした。

今でも僕は子どもと電車に乗る時には片時も手を離さないようにしている。幼稚園児の兄の方はともかく、まだ2歳にならない次男などどこに行ってしまうか分からないので、ホームの上で手を放すなど考えられない。

ホームの端で遊んでいる子どもを危ないとも思わない親の心理が僕は理解できない。子どもに対する無関心さ、よくパチンコ屋の駐車場で車に放置された幼子が熱中症で死んでしまうニュースを耳にするたびに、そんな注意力もない人間が人の親にになっていることにやりきれない思いがする。

シモーヌ・ベイユは、人に対する注意力が人間として一番大事なことだと言っている。他人の苦しみや悲しみに敏感なこと、注意深くあること、そのためには周りや世界の苦しみに絶えず目を配っていなくてはならない。人間だけがそういった優れた能力を持つ。

自分の子どもに対してもそれは同じだ。幼い子どもには親としての最低限の注意力、気配りが絶対に必要だ。
子どもは生むことができても誰もが親になれるわけではない。

ぼーっとしたままのヤンキ―の若い夫婦を見ながら、こんなサルのような若造でも人の親になっていることに深い憤りを憶えた。

親の無知が無関心や注意力の無さを生んでいる。この無知や親としての能力の無さは罪悪だとさえ僕は思う。

残念ながら、子どもには親を選べない。

でも、彼らの人生の出発点がいきなり、サバイバルであってはならないと思うのだ。




  
[PR]

by tonjies | 2005-07-22 21:33 | 思うこと
夜泣きの理由
(ガク)
夜泣きの理由



ケイタが林間学校から帰ってきた。心配していた雨は大丈夫だったようで、スケジュール通り、キャンプファイヤーも登山もできたといって喜んでいた。

ケイタが出かけている間に、夜ガクを隣家に住む義母にあずけて、カミサンと二人で居酒屋にでも行こうかと話していた。考えてみるとカミサンとふたりで最後に飲みにいったのはガクを妊娠する前だから、もう3年もそんな機会はなかった。こんな機会でもなけれは二人で出かけるなんてとても無理なのだか、その計画も前週からガクが風邪を引いてしまったので無しになった。

ガクの風邪の方は熱も下がりたいしたことはなかったのだが、兄のケイタがいない間、どういうわけか、彼の機嫌がすこぶる悪かった。

ちょっとでも気に入らないことがあると、「わおぁー!」と叫んで、ちゃぶ台をひっくり返して怒っている。

ガッシャーン、ガラガラ…

お前は星一徹かぁー、と突っ込んでやりたいぐらいの怒りようなのだ。我が家にはちゃぶ台はないので、これはあくまで喩えなのだけど、大魔神ではあるまいし、笑っていたかと思うといきなり憤怒の表情に変わってしまうのでびっくりしてしまう。

そして、夜泣き。

赤ん坊のころならいざ知らず、この秋には2歳になるガクは普段は一度寝入ったら朝まで起きたりはしない。寝ぼけることはあっても、夜泣きなどとうに卒業したかと思っていた。
それが、ケイタのいない二晩ともひどい夜泣きをして、母親を眠らせてくれなかったらしい。

小さいなりに、いつもと違う家の中の雰囲気に気がついていたのだろう。ケイタが幼稚園にいっている昼間はいつも一人で遊んでいるので、兄がいないことには慣れているはずなのに、どういうわけか親たちが抱いていた不安感を感じてガクもそれに同調してしまったらしい。

もちろん言葉や頭の中で兄がいないことを理解しているのではなくて、ただなんとなく感じて不安に思ってしまうのだ。その不安な気持ちが高じて夜泣きになったものと思われる。

たぶんこの推測が当たっていたのだろう。

兄が帰ってきたら、ガクの夜泣きはぴたりと止んだ。
[PR]

by tonjies | 2005-07-17 00:13 | 豚児2号 ガク
林間学校 その2
(ケイタ)
林間学校 その2


「ケイタ、今ごろ、なにをやっているのかなぁ」

とカミサンと話している。

ケイタは今2泊3日の林間学校にいっているのだ。

親も不安なのだがケイタ自身も一人で泊まることに不安だったのだろう。

出発の朝、「子どもだけで行っちゃあ、いけないんだ…」と言ってぐずっていた。

子どもだけじゃなくて、引率で幼稚園の先生がみんな行くのだ。でも、ケイタに言わせると、ママやお父さんたちが一緒じゃないことが不満のようだ。
「○○くんも、一緒なんだから…」と好きなお友達の名前を出して何とか連れて行ったとカミサンが言っていた。

幼稚園に集合して観光バスを連ねて出かけることになっていたのだが、集合して園長先生の話を聞いているうちに、ケイタはまただんだん不安感がつのってきたらしく、バスに乗り込むときには、泣くのをこらえて下を向いたままバスに乗り込んだという。

大きなリックを背負ってトボトボと歩いていく。

カミサンの話を聞いてその光景が目に浮かぶようだった。サッカーの試合で負けた時のように、下を向いて悲しそうに歩いていたのだろう。

出発前にバスの中をのぞくと、一緒に座っている幼稚園のお友達とふざけっこを始めていたらしいので、カミサンもそんなに心配していなかった。立ち直りの早いところも普段のケイタらしいし、なんとか楽しくやっているのだろうと思う。


今回は親は誰も参加できなくて、園児と先生たちだけの林間保育なのだ。

「いいなぁ、ケイタ、お父さんも一緒に行きたいよ」と僕は一週間前ぐらいからケイタに何度も言っていた。見送りに来ている親たちも、やはりみんな思っていることは同じで、一緒に行きたいと子どもに言っていたらしい。

面白かったのはそのときの子ども達の反応の違いだ。

ケイタのクラスのある男の子など、親が来るということに対して、恥ずかしいから絶対来ないで、と言ったという。先生や友達の手前、自分の親が来ることが恥ずかしいという気持ちはよく分かる。小学校高学年や中学生の頃は親と一緒のところなど友人に見られたくないものだ。幼稚園児でもこういう気持ちになる子どもがいるんだとびっくりした。

ケイタの仲のいい○○くんも、一緒について行くという母親に、やはり恥ずかしいから、先生や友達に分からないように隠れてついてくるならいい、といったらしい。
やはり、独立心というか男の子らしいプライドが芽生えているのだろう。

それに比べると、ケイタなどまだまだアマアマの甘えん坊で、「ママもついて行こうかな」というカミサンに、即座に「バスは遅いから後ろから車でかんたんについて来れるよ」と言っていたという。
話が具体的で、本当に母親について来てもらいたかったようだ。

ケイタのように涙ぐんでバスに乗り込む子どもも何人かいた。そんな子ども達を80人も連れていく幼稚園の先生方はたいへんそうだ。夜になって泣き出す子供もいるだろうし…
でも先生方は毎年年長組を引率して慣れているのだろう。場所も毎年同じところだというし、それほど心配することもないらしい。



「ケイタ、今ごろ何をしているかな」

冷倉庫に貼ってある林間学校のスケジュール表を眺めながら、一日に何回もそうつぶやいていると、カミサンが呆れ顔でみていた。

ケイタが親離れできていないように、父親も子離れできていない。
でも、今はこれでいいのだと僕は思う。
どのみち小学校の高学年や中学生になれば、親よりも部活や友達の方が大事になって、親は子どもから捨てられていくのだ。
それは正しいことで健全な子どもの成長過程だ。
僕もそうやって精神的に親を切り捨ててきたし、ケイタやガクもそれは同じだろう。だから、そのときに子どもから捨てられるまでは、親も子どもと一緒にいられる時間を楽しまなくては…と思うのだ。

ともかく、やっと明日ケイタが帰ってくる。はじめてのお泊りからどんな顔をして帰ってくるのか、とても楽しみだ。
[PR]

by tonjies | 2005-07-14 23:40 | 豚児1号 ケイタ
大空と大地の中で
空を見上げながら、哲学的思考にふける弟と、お弁当にパクつく兄


d0046853_2413736.jpg

弟: 空は、ひろいなぁ……この蒼穹の下にいると、人間の存在なんて、
   本当にちっぽけなものに思えてくる…

兄: うまいなぁー、このお弁当…(パクパクパク)

d0046853_241968.jpg

兄: おーい、がくぅー、こっちに来て、いっしょに、お弁当を食べようぜッ!

弟: お兄ちゃん…人は…お弁当やパンだけで生きているのではないのですぅ…
[PR]

by tonjies | 2005-07-11 02:15 | デジカメ日記
林間学校
(ケイタ)
林間学校


来週、幼稚園の林間学校がある。2泊3日のお泊り保育だ。もらってきたパンフを見せてもらうと那須高原のホテルに泊まるらしい。
この時点で、僕は「ホテルかよッー!」と思った。僕らの頃は、林間学校といえば、キャンプ場の粗末な施設で飯盒炊爨のイメージがあるのだが、ネットで調べると綺麗なホテルだし、各部屋もちゃんとしている。こんな所に泊まるのか。(クソぉー、うらやましい…)

パンフレットには、鮎つかみや登山、スイカ割りにキャンプファイヤーなど楽しそうなスケジュールが記載されていた。一クラスを2つの班に分けて複数の先生が面倒を見ることになっているらしい。残念だが父兄は参加できない。

ケイタのクラスは男の子が11人女の子が10人なので、踊りの時に○○君が余ってしまうんだ、とケイタが言っていた。

「その踊りというのは、林間学校でおどるのか?」

「そうだよ、その練習をしているんだ」

おお、それはフォークダンスのことではないのか。

遠い昔の記憶がよみがえる。懐かしくも恥ずかしい…フォークダンスという響き…女の子と手をつなぐのがうれしいような照れくさい気持ちや、ドキドキした期待感と好きな女の子とは組めなかった失望感…
キャンプファイヤーとフォークダンスという組み合わせは、前世紀の遺物だと思っていたが、まだやっていたのか。
男の子が一人余ってしまうという展開もなんとなくありがちだ。きっとその子は先生と踊るのだろう。幼稚園児にとってはクラスの女の子と踊るよりは先生と踊る方が楽しいのかもしれないが…
どんな曲なんだ?と聞いても、ケイタはよく覚えていないといって教えてくれなかった。

「いいなぁ、ケイタ、おとうさんも一緒に行きたいなぁー」 とうらやましがると、ケイタは仲のいい○○くんと一緒に寝るんだと楽しそうに話していた。

ネットで調べると近くにキャンプ場もあるし、こっそり隠れてついて行こうかとも思う。サングラスや変装して園児達の行くところ行くところに待ち伏せする。そして遊んでいるケイタの様子を望遠レンズを駆使してビデオで撮ることを考えた。

行く先々に出没する変なおじさんに、園児達もやがて気がついて、

「おかしいなぁ…あの変なおじさん、またいるよ」

「センセー、あの変なおじさんが…ビデオとっている」

とか言われてしまうかもしれない。

でも、ケイタのクラスの子ども達には僕は面が割れているので、「ケイタくんのパパだー」 とすぐにばれてしまいそうだ。

もちろんそれは冗談だけど、まだ一人でヨソの家に泊まったことがないケイタがみんなと一緒の林間保育でどんな反応を示すか、見てみたいと思う。
寝入るまで誰かに添い寝をしてもらっているような甘えん坊が、一人で大丈夫だろうか。

でも、そんなことも含めてケイタには、きっといい体験になるに違いない、と思うのだ。
[PR]

by tonjies | 2005-07-09 13:06 | 豚児1号 ケイタ
ムシキングVSゴキキング
(ケイタ)
ムシキングVSゴキキング


カブトムシのオスを2匹もらってきた。さっそくケイタをつれてホームセンターにカブトムシの餌や腐葉土を買いにいった。

幼稚園では今、ムシキングが流行っているらしく、ケイタも昆虫の玩具やカードを集めて遊んでいる。
僕はこのムシキングというのがどうもよくわからない。先日、録画していたムシキングのアニメを一緒に見ているときにケイタに聞いてみた。

「ケイタぁー、このムシキングというのはポケモンみたいなモノなのか?」

ケイタは全然違うと言い張っていたけれど、絵柄がかわっただけで、ゲームやカードとタイアップした玩具メーカーの売らんかな戦略の一環だというところもよく似ている。

きっちりそれにハマッてケイタもガチャポンの玩具をいくつか買ってもらって喜んでいるのだ。

その影響なのか、本物のカブトムシにたいしても興味津々のようだ。玄関においてある飼育ケースを一日に何回ものぞきにいっている。
2年前にも知り合いから、カブトムシとクワガタを数匹もらってひと夏飼っていたことがある。でも、その時はケイタはまだムシが怖くて触れなかったし、あまり関心もないようだった。
今回は2匹のカブトムシを戦わせたくて、何回も飼育ケースから出したり戻したりをくり返したている。せっせとエサのゼリーを与えたり世話もよくするようになった。

d0046853_15463222.jpg


ミツバチハッチの影響だと思うが、僕は、カブトムシ=正義、クワガタ=悪、のイメージがある。丸いカブトムシはいかにも気のやさしい力持ちという感じなのに対して、クワガタは凶状持ちのヤクザのように見えてしまうのだ。
ケイタに聞くとクワガタの方がカッコいい(いいキャラ)らしい。

アニメの影響か、日本にはいないようなカブトムシやクワガタもホームセンターで売られていた。外来種のヘラクレスオオカブト、何とかクワガタなど見慣れない昆虫は何だか僕には気持ち悪く感じられた。

なじみのノコギリクワガタやカブトムシと違って、これらの外来種は僕の子どもの頃にはいなかったし、少なくともホームセンターなどで売っている代物ではなかった。

なじみのない気味悪さでいうとゴキブリと同じくらい違和感がある。


カブトムシのおなかの部分や足を見ていると、ゴキブリによく似ている。そうゴキブリだって昆虫の仲間なのだ。

前記のムシキングにもゴキブリ種が登場するのだろうか?

チャバネキング、大王ゴキ、ブラックコックローチ…

なんてのが出てきたら嫌だけど…

そこは今の子ども達のことだから、どう転ぶかわからない。黄金クワガタのように珍しがって、一大ゴキブリブームなんてことになるかもしれないではないか。

そうなったら、デパートやペットショップでゴキ1匹、500円で売りに出る。子供たちもゴキカードを集めることに夢中になって、飼っているゴキの大きさを競い合う。

そのうちに、2本足で立ち上がるゴキブリが出てきて、

「かわいいぃー」

と人気者になるかもしれない

TVのワイドショーでも、毎回そんなかわいい仕草のゴキブリを取り上げて……


でも、そんな社会は嫌だ。


d0046853_15461066.jpg

[PR]

by tonjies | 2005-07-07 15:46 | 豚児1号 ケイタ
木洩れ日の下で

ガク
木洩れ日の下で
d0046853_10926.jpg

ガクにはまだ、木の葉の下に隠れる
妖精たちの姿がみえているのかもしれない。






     

  
[PR]

by tonjies | 2005-07-04 00:57 | デジカメ日記
川原で遊ぶ
(ガク)
川原で遊ぶ


秩父の渓流にデイキャンプに出かけた。本当は泊りがけのキャンプをやりたいところだが、ガクがまだ小さいので今回は日帰りだった。
渓流の冷たい水が気持ちいい。
水遊びの好きなガクは川の中に入りっぱなしだった。
d0046853_20445127.jpg

怖いもの知らずのガクは深いところ、流れが急な方へ行きたがり誰かが手をつないでいないと危なくてしょうがない。
川原でのんびりとバーベキューなんてゆとりはまったくなくて、少しもじっとしていない。もともとそうなるだろうと分かっていたので今回はバーベキューなしのお弁当持参なのだ。

イスとテーブル、パラソルをセットして、せめてのんびりとランチ、と思っていたのだが、それすらかなわなかった。
ガクが少しも落ち着いて食べないのだ。お昼の時間も目の前の川の中に入りたくて泣き出す。言葉で言って分からせる年齢ではないのでしょうがないのだが、手とつないで川の中に入っても、自分の思う方向(深い方、急流の方)に行かせてもらえないと、泣き喚いて抗議している。

「ガクちゃんは軽いんだから、あっという間に流されてしまうんだからね」

と無駄とは知りつつもそう説得してみても聞かないものだから、最後は泣いて暴れるガクを強制的に抱っこで川からつれだすことになるのだ。

何回それをくり返しただろう。

あわただしく食べて、あわただしく帰る。そんな感じだった。

それでも、ガクをカミサンにみてもらっている間に、ケイタとアミをもって川の中で遊んだ。魚は捕まえられなかったけど、川えびや小さな魚を追い掛け回して渓太は楽しそうだった。


d0046853_212637.jpg

(深いところ、急流に行きたがるガク)

[PR]

by tonjies | 2005-07-02 20:46 | 豚児2号 ガク