豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花嫁のブーケ
(ケイタ)
花嫁のブーケ


先日親戚の結婚式があり、ケイタとガクもネクタイ姿の正装で出席した。ケイタのスーツ姿は入学式でも見ているのだけど、はじめて見たガクのネクタイ姿はとても賢そうに見えた。なんだか急に大きくなったような気がする。

結婚式で一番面白かったのは花嫁のブーケトスの時だった。
新婦の友人達に混じってケイタが最前列で真剣な顔で投げられる花束を待ち構えていた。ブーケトスの意味を分かっているとはとても思えないのだが、ゲームの一種のように感じていたらしい。
ドレスアップしてヒールを履いた女の人たちと比べると、身長では負けているもののサッカーで鍛えているケイタは敏捷性では負けていない。案の定、頭の上に投げられた花嫁のブーケをジャンプして掴み取り、勝ち誇ったように花束を振りかざして周囲の笑いを誘っていた。

後で、「怖い顔をしたおねいちゃんが睨んでいなかったか?」 と聞いてみたがそのゲームに熱中してケイタは周囲の様子はあまり目に入らなかったようだ。

「これは、あたしのよッ!、キィーツ!」 と小学生の頭を殴って花束を奪い取っていく…ような女の人がいても面白かったのに…と僕は思った。まあ、そんなやつはめったにいないと思うが…

ケイタはナイフとフォークを使う食事がいたく気に入ったらしく、最近親たちを喜ばしている健啖家ぶりを発揮していた。たくさんの大人が自分をかまってくれることに興奮しっぱなしで、何度も叱られていたが、久しぶりにあった親戚の女の子とおしゃべりをしたり結婚式の披露宴を楽しんでいるようだった。
結局、ケータが取ったブーケはその親戚の幼稚園年中の女の子にあげてしまった。ケイタがもっていても次の花嫁にはたぶんなれそうもないし、花束を持っているのに飽きてもてあましていたのだ。でも、周りに促されて女の子にあげてしまうと、「本当は(花束を)あげたくなかったんだ…」 と惜しそうに何度も言っていた。

ガクはお得意の「ぎゃーぁー」 という叫び声を披露宴の静まり返ったシーン(特に最後の花束贈呈や挨拶の時に)披露しないかと心配していたが、母親が用意した新しいおもちゃでおとなしく遊んでいた。次々に小出しに出てくる食玩やミニカーに目を奪われているうちに寝てしまった。

子どもちによるプレゼント贈呈の儀式の役も無事に済ませると、それまでハイテンションを維持していたケイタもさすがに疲れたのか、ウトウトし始めた。



「ガクちゃん、いい子だったね」

帰りの車の中で、ガクが披露宴の間おとなしくしていたことを母親が褒めていた。

「ケイタもとてもいい子だったぞ」 と僕がフォローすると、

「そうか、ケイタもいい子だった?・・・どうも・・・ありがと・・・」

いつも叱られていることのほうが多いからか、ケイタはたまに褒められると照れてしまうらしい。
それからは何度も自慢気に、自分がブーケを取ったことを繰り返し話していた。
[PR]

by tonjies | 2006-08-31 06:36 | 豚児1号 ケイタ
幼児の叫び
(ガク)
幼児の叫び



外で煙草を吸っていると、家の中からガクの悲鳴が聞こえてくる。

ぎゃぁあああー…キィッキイイイイーッ…

閑静な住宅街に突然響きわたる幼児の悲鳴。
知らない人が聞いたら何事かと思う大声だ。

泣き叫んでいるのかと耳を澄ますと、すぐにその後に普通の音量の声で、「びーとるー」とか「いんぷれっさぁー」と嬉しそうに言っている声が聞こえてきた。楽しそうに車の車種名を連呼しているので、少なくとも泣いているのではなさそうだ。

ガクの悲鳴のような大声は、車のエンジン音や急ブレーキによるタイヤの軋みの音を口真似しているらしい、ということに僕たちは最近気がついた。
大声を出すことがガクの趣味だと思っていたが(ひとり大声選手権)どうもそうではないらしい。
子どもたちの嗜好で(僕の趣味ではない)車のレースシーンを集めたビデオをよく見ているので、その音をそのまま真似しているようなのだ。

テーブルの上に並べているミニカーがサーキット場を猛スピードで疾走する様子が、自分の世界に入っているガクの目にははっきりとうつっているのだろう。
ぎゃぁあああー…キィイイイイーッ…という擬音はその臨場感を増すためにも必要なのだ。

d0046853_449141.jpg

先日、海水浴に行く途中で常磐道を走っていると、ダッジ・バイパーなど高排気量の外車が数台、我が家の愛車「ポンコツどかどか号」を風のように追い抜いていった。
後部座席でそれまで車に乗っていることに飽きてしまって「うみーまだぁー?」と言っていた長男と次男のテンションが一気に上がって、何台も通り過ぎる外車に目を見張っていた。
ミニカーや車のゲームでしか見たことのない車が次々に追い越し斜線に現れるたびに、ゴワァン…というエンジン音を響かせてあっという間に見えなくなってしまう。

その大きな音にガクは大喜びで、さっそくマネをして遊んでいた。エンジンをふかす様子を大声で叫んだ後に必ず、可愛い間延びした声で「ダッジぃばいぱぁ~」と何度もくり返す。
その落差が激しいので、うるさいやら可愛らしいやら、とにかくしばらくの間は家の中でもダッジバイパーのエンジン音が響き渡るに違いない。

エンジン音ならまだしもタイヤのキシミ(スキール音)を真似たかん高い声は、耳元でやられるとうるさいことこの上ない。

キィイイイイーッ…

その昔、自動車教習場で、「タイヤのキシミは地獄の呼び声」と教わったけれども、ガクのエアギターならぬエアレースカーには通じないようだ。
[PR]

by tonjies | 2006-08-24 04:54 | 豚児2号 ガク
おれがついてるじぇー
(ガク)
おれがついてるじぇー



このところケイタがディズニー映画の「トイストーリー」にはまっていて繰り返し見ている。
このDVDは以前から家にあり、1も2も観ているはずなのだけど、どういうわけか突然に何回も繰り返し見るようになった。
夏休みだから暇なのは分かるが、同じ映画を毎日見ておもしろいのか、子どもはよくこういうことをする。数年前は『となりのトトロ』が毎日TVで上映されていた。そして今回は「トイストーリー」である。

d0046853_8182457.jpg

トイ・ストーリー

その中でも宇宙野郎のバスが1番のお気に入りで、彼の今のマイブームになっている。

バズを真似して、自分の背中に折り紙で作った翼をつけたケイタがイスから飛び下りてて遊んでいるた。、

「無限の彼方へー、さあ、いくぞー!」
「バズライトイヤーの恒星間日誌…」

映画の中のセリフはほとんど覚えているようだ。
弟にも同じような翼をつけてスペースレンジャーにしようとしている。





この映画のエンディングに玩具たちが歌う、『君はともだち』 という歌がある。これをケイタが何回も歌うものだから、ガクが憶えてしまった。

「おれがぁーついてるじぇー……おれがぁーついてるじぇー…」

壊れたレコードのように何度も同じフレーズをくり返しているのを見ていると、こいつは意味を分かっているのかなと思う。

先日も僕がパソコンをやっていると、後ろで遊んでいたガクが鼻歌のように口ずさみ始めた。

「おれがぁーついてるじぇー…」

ネットで流れている暗い嫌なニュースばかりでへこみ勝ち父親は思わずふり返ってガクの顔を見た。
そうかぁーお前がついていてくれるかー

幼い子どもは、こっちが守ってやったり庇護してあげなくてはならないだけの存在だと思っていたけれど、ひょっとしたら親の僕の方が彼らと暮らしていることで、守られているのかもしれない。まだ幼稚園にも入園していない幼児がいることだけで、僕の心の暗い部分を暖かい灯火が照らし出してくれるような気がする。
一緒にいるときも離れている時も、あいつは今何をしているのだろうと思うと、産まれて数年しか経っていない幼児が、僕の中で大きな存在になっているのをと改めて感じる。
そしてその気持ちは、たとえ自分が死んでしまったとしても、あの子達が生きていれば、まあそれでもいいかぁーという気さえするのだ。



d0046853_8213553.jpg
トイ・ストーリー2 サントラ
[PR]

by tonjies | 2006-08-12 16:57 | 豚児2号 ガク
正しい夏休みの過ごし方
正しい夏休みの過ごし方



我が家の小学一年生は夏休みの真っ最中だ。学校のプールやスイミングスクールで泳ぎ、サッカーのクラブもあるので毎日なかなか忙しいけれど、カブトムシやザリガニの世話をしたり、長い夏休みをケイタは満喫している。

感心なことに母親に言われたとおりに、午前中の涼しい時間にその日の勉強を済ませているようだ。学校の宿題といっても夏休み帳は信じられないくらい薄いし、工作等の宿題もほんの少し、絵日記ですらたったの2日分しかないのだ。毎日それを30分ぐらいずつ行なっているのだが、時々気がのらない日もあるようで、母親に叱られながらいやいや机に向かっている。

夏休みの宿題なんて7月中に済ましておくものだ。
もしくは、遊びまくって8月の31日までまったく手をつけない。明日から2学期という日になって泣きながら親に手伝ってもらい、毎日の天気も適当にでっち上げて夏休み帳を仕上げる。

というのが正しい夏休みの過ごし方だ。

僕の子どもの頃は毎年そんな感じだった。でも、そんな自分の本音はおくびにも出さずに、毎日すこしずつやるんだぞー、と諭している。

まだ8月に入ったばかりなので夏休みはたくさん残っている。この時期は気持ちが大きくなって大富豪のような余裕で左団扇なのだが、お盆が過ぎて8月の下旬になると、残り少なくなった休みを数えて、だんだん貧乏になっていくような寂しさは今でもはっきり憶えている。




絵日記つけてた夏休み

[PR]

by tonjies | 2006-08-05 17:03 | 豚児1号 ケイタ