豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ガクとお散歩、その2
ガクとお散歩、その2


d0046853_20574958.jpg


ガクと犬の散歩に行くと、いつもの散歩コースで、毎日コロをつれて歩いている道なのにとても新鮮に感じる。
犬は大好きだし散歩を何よりも楽しみにしている犬のことを思うと朝晩の散歩は少しも面倒だとは思わないのだが、毎日同じ道を歩いていると飽きてくるのは否めない。でも、そこにガクが加わると3歳児の目線で風景を見るせいか、彼のワクワクしたテンションに同調して僕まで楽しくなってくる。。

何回も見ているはずなのに公園の池や噴水のところにやってくると、

「たくさんの水だねー」

毎回同じセリフを感慨深げに言う。こんな幼児と一緒だとやはり周りの風景も違ってくるものだ。

児童公園をはしごして、滑り台や砂場で一通り遊ぶとガクはすぐに、

「じゃあ、(つぎに)いこうかぁー」と歩き出す。少し前までは疲れてくるとすぐに「抱っこ」といっていたのにだいぶ体力がついてきたようだ。

犬の散歩ではなくて公園等に出かけると、もっと遊びたくて「帰らない」という状況によくなるのだが、今のところ聞き分けがよく僕の手をつないでくれる。

ガクが公園の遊具で遊んでいるときには僕は犬と一緒にガクの見える範囲でうろうろしている。犬のコロは基本的に団体行動を乱すことが嫌らしく、(群れで行動する犬の習性と思われる) ガクやケイタが離れると落ち着きをなくしそちらのほうばかり気にしている。草むらの臭いを嗅ぎながらチラチラと、子どもたちの行動を監視しているのだ。

自分の体重(35キロ)よりも小さい子どもたちは自分が守ってやらねばと考えているらしい。不思議なことに散歩途中にある公園の大きな滑り台だけはを、「子どもが滑るのは危ない」と思い込んでいるらしく、ガクやケイタがその滑り台で遊んでいると、必ず吠え続けている。

「あぶなーい、気をつけてッ!」 といっているらしい。

普通の高さの滑り台は吠えたりしないので、この滑り台を特に彼は危険と判断しているようなのだ。

「ガク、後一回やったら終わりだよ」

ここでも、ガクは機嫌よく言うことを聞いてくれる。

「じゃぁー、つぎ、いこうかぁー」




d0046853_2163329.jpg
「あぶなーいッ!」
[PR]

by tonjies | 2007-05-28 05:25 | 豚児2号 ガク
家庭訪問
(ケイタ)
家庭訪問


先日ケイタの担任の先生による家庭訪問があった。母親の報告だとケイタは学校ではとてもいい子でていねいな言葉遣いをしているという。


先生も(女の先生である)「ケイタくんと話すとほっとするんですよ」 と言っていたという。
二年生になってクラス替えもあり担任も代わったが、一年の時の担任の女の先生からも「子供らしい子どもですね」 と言われたことがある。


なるほど学校の先生もいろいろ大変そうだから、ケイタのように手のひらに乗ってきてくれる(せんせい、せんせいと懐いてくれる)児童は貴重なのだろう。たぶんケイタは未だ幼いところがあって、学校の先生に対して、幼稚園の先生に対するような気持ちを持ち続けているようなのだ。


先生に対してはそんな馬鹿ていねいな敬語を使っているくせに、家の中では乱暴な言動が目立つ。そのたびに叱られているけれど、たぶん家族には甘えているのだろう。


先日、ケイタは所用で浅草に行ってきた祖母から刀のおもちゃをお土産にもらった。この小学二年生はなかなかの刀剣マニアで、刀のおもちゃをたくさん持っているのだ。そのほとんどはプラスチックの幼いオモチャなのだが、この時祖母からもらった刀は、少し重く重厚な刀のような銀色に輝いていたものだから、大喜びで遊び始めた。


僕はその場にはいなかったので、母親からの又聞きだが、刀を母親に突き出してケイタがこう言ったという。

「カネ、ダシナ」

もちろんケイタ特有の冗談なのだけど、折りしもその日は「母の日」だった。
普通なら「お母さんありがとう!」という日なのに、「金、ダシナ」とは…


「母の日は…終わったな…」 とカミサンが言っていた。
[PR]

by tonjies | 2007-05-18 22:13 | 豚児1号 ケイタ
ガクとお散歩
d0046853_2051192.jpg
ガクとお散歩、その1


ガクをつれて犬の散歩に出かけるようになった。

「ガクー、散歩にいくかぁー?」

僕が声をかけると、ガクは何をやっていてもすばやく反応して玄関に向かい靴を履こうとする。
そう、3歳児にとってはTVやゲームの擬似的な体験よりも、外で自分の体を動かして遊ぶ方が楽しいはずだ。

ケイタの時も小さいころから一緒に散歩に出かけたけれど、水泳教室やサッカークラブ等で何かと忙しい兄に代わって、最近ではもっぱらガクを連れ出すようになった。

大きい犬と小さな子どもをつれて歩くのは楽しい。

でも、まだまだ3歳児のガクは道路を歩くのも危なっかしく、気持ちとしては犬のリードよろしくガクにも鎖をつけておきたいところだが、それでは世間から虐待のそしりを免れそうにもないので、左手に犬のリードを持ち右手でガクの手を引くようにしている。

道路上では車道と区切られた歩道であっても、僕はガクと必ず手をつなぐ。そして公園の中に入ったら自由に走り回って遊んでいいというのが僕たち二人の約束だ。

母親は少し心配しているが、「ガクちゃん、約束だよ。約束を守らないと散歩に連れて行かないよ」というとガクは自分から神妙に手をつないでくるようになった。今のところこの約束は堅く守られている。

ケイタがガクぐらいの時は走り出すと止まらなくて危なくてしょうがなかった。ここに書いた文章を読み返して、言うことは聞かないし大変だったことを思い出した。それに比べると弟のガクはたぶんまだ外の世界に慣れていないせいなのだろうが、慎重だしあまり無鉄砲なことはしない。

車が来ようものなら遥か前方にいる時点から、「車だぁー」と道の脇によっていく。固まったまま、握っているガクの小さな手に力が入るのがわかる。

ガクの不安が伝わってくる、この小さな手のひらの感触をずっと忘れないだろうな、と僕は思う。


d0046853_2055898.jpg

[PR]

by tonjies | 2007-05-16 19:49 | 犬のコロと
文房清玩
文房清玩



ケイタが新しい筆箱を買って貰って嬉しそうにしていた。なんども鉛筆を入れ替えてみたり、開けたり閉めたりして遊んでいる。

筆箱とか文房具を新しくするのってうれしいものなんだよね。とカミサンと話した。

文房趣味、文房清玩(ぶんぼうせいがん)という言葉があるが、それかと思う。

そういえばずいぶん前になるが、20歳の頃、どうしても明治の文豪が使っているようなパーカーの万年筆が欲しくて無理して数万もする万年筆を買ったことがある。でも、あれだけ欲しかった万年筆なのにそれで何かを書いたという記憶もほとんどなく、今も押入れの隅でケースに入ったままホコリをかぶっているはずだ。あれはなんだったのだろうと今でも思う。 文房生活に必要だとでも思ったのだろうか。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

文房趣味
文房趣味とは、文房(書斎)を中心に発展した中国文人の趣味である。文房清供あるいは文房清玩という場合もほぼ同義である。本来的に読書人である文人は文房において起居し、同時に趣味生活を実現する拠点とした。「明窓浄几」と表現されるように明るく清浄な書斎の環境が理想とされ、この限られた空間はひとつの小宇宙と見做され、そこに関わる文物のほとんどが趣味趣向の対象となった。

中略

文房趣味の代表格として筆・墨・硯・紙が挙げられる。
文房で古書画の鑑賞に浸り、墨を擦り、詩を詠じ、友と酒を酌み交わして清談に耽ることが文人の理想的な文房生活といえる。


友と酒を酌み交わしてワイ談に耽ることはあっても、墨を擦ったり、詩を詠じたこともなく、明るく清浄な書斎(僕の部屋)は猫のトイレ置場になっていていつも猫砂が散らかっている。中国文人の理想的な文房生活とはほど遠い。
[PR]

by tonjies | 2007-05-11 06:08 | 思うこと
おかたづけ
おかたづけ


ガラッガラー、ガッシャーンッ!
ガクがミニカーの入っているカゴをひっくり返している。

「ハチロクターボあったー」

ガゴいっぱいに入っているミニカーの中から、自分の探している車を見つけたいとき、ガクはカゴごとひっくり返して、散らばった100台ぐらいの中からお目当ての車を探し出すのを得意とする。
ちまちまとカゴの中を漁って車を探すのは潔くないとでも思っているのか、ちゃぶ台をひっくり返す星一徹もかくやと思うくらいの思い切りの良さである。男らしいというか単純というか、確かにこの方法が一番早く見つけることができるのだ。そして目当てのお気に入りのミニカーを見つけると、嬉しそうにテーブルに並べて遊んでいる。もちろん散らかしたミニカーはそのままだ。

母親が部屋中に散らばったミニカーを片付けおえたすぐ後でもお構いなしに、カゴごとぶちまけるこの探索方法を行なうので、そのたびに母親は嘆息している。


我が家の居間はいつもミニカーがどこかしこに散らかっていて、たまにそれを踏みつけるとかなり痛い思いをする。

先日、母親がいない時にケイタが散らかった車を片付けてくれた。

小学生になってから時々彼はこの手のお手伝いをしてくれる。


「ガク、お兄ちゃんがガクの車を片付けてくれたよ。お兄ちゃんに「ありがとう」って言いな」

「おにいちゃん、ありあと…」

ガクの舌足らずな御礼にケイタは少し照れたような顔をした。
そして、鼻の穴を膨らませて僕にこう言うのだ。

「お母さんに、(ケイタが片付けたと) 言っておいて」


おしいなぁ、このよけいな一言さえいわなければ、家のお手伝いをよくする、弟思いの優しいお兄ちゃんという、いい話で終わるのに・・・

「わかった…ちゃんとお母さんに報告しておくよ」


そう答えながらも、『言わずもがな』 という言葉が頭に浮かんだ。
[PR]

by tonjies | 2007-05-02 23:02 | 豚児1号 ケイタ