豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さらば、シャンプーハット
(ガク)
さらば、シャンプーハット


ガクは顔に水がかかることが何より嫌っていた。
小さい頃はずっとお風呂で頭を洗う時も、お姫様抱っこをして美容室のように仰向けで髪を洗っていた。幼稚園に入ってすぐにシャンプーハットを使うようになったけれど、少しでも顔に水がかかると、フェイスタオルですぐに拭かないと機嫌が悪い。

そんなガクをなんとか水に慣れさせようと、何度もなだめすかしを繰り返して、頭からお湯をかけようと試みたが、その度にガクは、

「一年生になったら、シャンプーハットはもう使わないで、頭からお湯をかけるからね」

と言い逃れをしてきた。

そんな具合だから、幼稚園のプールは何より嫌いで、こわごわ水に使っているだけだった。顔に少しでも水がかかると泣き顔になる。

そんなガクに、約束どおり一年生になったらすぐに頭からお湯をかけて洗うようにした
最初はじたばたしていたけれど、すぐに慣れて今では平気だ。
これまでの頑なな態度はいったい何だったのだろう。

しばらくすると水中眼鏡をかけて湯船にもぐるようになった。お風呂はもぐって遊ぶところという、正しいニッポンの小学生の入浴スタイルである。


さらに4月からスイミング教室にも通うようになり、この夏の海は水中眼鏡をもって行くんだと今から張り切っている。

先日そのスイミングスクールの様子を見学に行ったら、泳ぐどころかまだ水中での姿勢から直されていた。それでも平気でもぐったり、バタ足のような動きを見せたりと、ついこないだまで顔に水がかかるだけでべそをかいていたことを考えると、ものすごい成長振りだ。
夏の海水浴の準備で、自分用のボディボードを買ってもらってガクは大喜びしていた。

子どもの時間は驚くようにすばやく過去へと過ぎ去っていく。

浴室に、もう使わなくなったシャンプーハットが置き忘れられたようにぶら下がっていた。
[PR]

by tonjies | 2010-05-25 17:15 | 豚児2号 ガク
浦安にネズミを見に行く(その2)
浦安にネズミを見に行く(その2)



というわけで、前回のつづきだけど、東京DLに行くことになった。しかもGWのど真ん中、5月3日である。
朝5時に出発して6時にはTDLについた。開門は8時なのになんで6時に行くんだよと不満たらたらに、カミサンの指示通りに出かけてきたのだが、信じられないことに6時なのにもう駐車場に入る車が列を作っている。さらに正面入り口にはもう列を作って並んでいる人がたくさんいた。

ひえーっ、信じられない。
こんな早朝から並んでいる人たちは、例のネズミの姿をした悪い魔法使いの魔法をかけられているのに違いない。

「みんなァー!、目を覚ますんだッ!」

と心の中で叫びつつ、列に並ぶ神さんを一人残して、僕と子どもたちは駐車場の車に引き返した。TVを見ながら朝食をとって待つことにした。携帯で呼び出されて7時半に入り口にいくと更に人々の列がわらわらと増殖している。なるほどGWを甘く見てはいけないなと思った。

開門が待ちきれない子どもたちが「ブーブー」不平をいう。もうすでに並ぶのに飽きてしまったようだ。この先アトラクションに乗るたびに並ぶのに・・・とおもっているとやっと8時になって門が開いた。

すると、なんだ、なんだ、みんな門を入ると一斉に走り出していった。
今年の福男を決めるどこぞの神社ではあるまいし、我先に駆け出していく人々の中を子どもたちとはぐれないように手をつないで、カミサンに最初に並ぶように指示されたアトラクションに向かった。
その間にもどんどん僕たちを追い抜いてファストパスを取りに人々が走っていく。
カミサンもみんなのチケットをもってどこかに走っていってしまった。

「みんなぁー、歩こうよぉー!」僕はまたしても悪い魔法使いの魔法にかかっている人々に向かって叫んだ。「みんなァー!、目を覚ますんだッ!」
そんな心の叫びはとどくはずもなく、最初のアトラクションのモンスターインクについた時にはすでに90分待ちだった。

そんな半端じゃない混み混みのなかでも、その後たくさんのアトラクションをまわった。カミサンが携帯のアトラクション待ち時間情報を何度もチェックして計画的に並んだのがよかったのか、初めてのガクも大いに楽しんだようだった。

でも、東京ディズニーランドでガクが一番気に入ったのが、ゴーカートだった。ゴーカートといってもレールの上を走るものなのだが、ハンドルを握って運転気分が味わえるらしく、3回も並んで乗っていた。ゴーカートなんかどこの遊園地にもあるのに、TDLまで来て・・・
そういえば、ケイタをはじめて連れてきた時にも、一番食いついたのがこのアトラクションだった。



d0046853_2239217.jpg


d0046853_22394011.jpg
[PR]

by tonjies | 2010-05-07 22:39 | 豚児2号 ガク
浦安にネズミを見に行く(その1)
浦安にネズミを見に行く(その1)



僕はディズニーランドはあまり好きじゃない。いつも混んでいるし…
カミサンと結婚する前に、平日に出かけたことがあるけど、それでも混んでいる園内にびっくりしたことがある。夏休みや春休みでもない平日だから空いているだろうと高をくくっていたのだ。その時はカミサンから「東京DLはそんな甘いものじゃない」といわれた。

更に昔、20歳ぐらいの頃、初めて東京DLに出かけて、スモールワールドに入ったときにその異様な空間に圧倒されたことを思い出した。
あの「世界は~」の音楽が頭から離れない。人形たちのアトラクションに乗っていると、心の中にむくむくと黒いものが広がってきて、頭の中に「偽善」だとか「憎悪」の文字がぐるぐると旋回していくようだった。

だいたい東京DLに(彼女に連れられて仕方なくきている青年はともかく)自分から進んで夢心地になっているような若い男の子がいたら、そんなノウテンキ馬鹿な男を僕ははなから信用しない。
会社で以前ディズニーランドで働いていた女の子に、浦安のネズミのことを半分馬鹿にして話していたら、真剣な顔で反論された。
ミッキーは魔法使いだから、同時にランドの中のいろいろな場所に出現できるらしい。
なるほど、魔法使いなのか、著作権の切れた原作を題材にしている映画作品で儲けている割には自らの著作権にはとことん厳しい、いわゆるディズニー商法を見ていると、ミッキーは悪い魔法使いかもしれないと思う。

以前、ジョージ・ルーカスが「我々はいつかウォルト・ディズニーに恩返しをしなくてはならない」と言っている記事を読んだことがある。子どもの頃我々に夢を与えてくれたW・ディズニーに感謝しているという意味だ。
僕はいつか円谷プロには恩返しなければ…とは思うが、ディズニーやそのネズミにはそれほど思い入れはない。

東京DLが出来た頃、村上春樹が観覧記を書いているのをどこかで読んだことがある。今では信じられないけれど、あの村上春樹がそんなレポートを書いていたのだ。東京DLの商業化されたゴミ一つない空間を異様なものとして記してあった。

そんなわけで、我が家から車で1時間のれば着く所にある東京DLだが、最近ではケイタがまだ幼稚園に行く前に一度連れて行っただけで、足が遠のいていた。もちろんガクはいったことがないし、ケイタですら8年も前のことなのでディズにーランドのことは覚えていない。

ガクはTVで東京ディズニーランドの情報番組をよく見ている。
ディズニーランドにはミッキーマウスの模様が柱や床や看板に描かれているらしく、「隠れミッキー」と呼ばれているらしい。気がつくと家の中のところどころにガクのお手製の隠れミッキーがいる。

d0046853_052972.jpg

d0046853_082963.jpg

これは、上記の僕の屈折した思いは棚上げにしても、連れて行かねばなるまいと思った。

さて出かけるとなると、DL好きのカミサンは張り切ってガイドブックをなめるように見て計画立てている。

ファストパスを取りにいっている間に、最初にここに並んで…という隊長(カミサン)の指示を上の空で聞きながら、僕はといえば、喫煙場所だけをチェックしていた。


(つづく)
[PR]

by tonjies | 2010-05-01 00:02 | 豚児2号 ガク