豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
車好き?  
車好き?  



男の子は小さいときからみんな、「のりもの」がすきなのだろうか。

「ああ、この子は車好きなんだなぁ」
と気がついたのは、まだケイタが乳児の頃だった。
乳児の頃から、泣き出すと外の通りに連れ出していた。走っている車を見せると、ケイタは機嫌が直って泣き止んだ。

僕は車なんか「走ればいいんだ」と考えているので、あまり車種とかにも興味はない。だから、家の誰かの影響ではなくて、この子の車好きは本来ものらしい。

最初は車種もよくわからなかったらしくて、ウチの車を「ベンツ、ベンツ」と言っていた。近所の手前はずかしかったが、最近ではかなりの車を判断できるらしい。
散歩をしていても、「しんがたマーチあったよー」とか「すぱしお」「びーえむだぶる(BMW)」「らぶふぉー(RAV4)きたよー」と、通る車の車種を片っぱしから叫んでいる。

絵本の変わりに、車のカタログやチラシをうれしそうに見ているので、たまに古本屋で車雑誌を買ってきてやる。そうすると、何度もその本を開いては、

「この車は、なんでしゅかー」

と聞いてくる。自分がとっくに覚えてしまっている車でも、言葉に出して言ってもらうのがうれしいのか
「これはポルシェ」「ランボルギーニ」「テスタロッサ」と答えてやると、何度でもそれを繰り返す。

だた、まだ「ランボルギーニ」とは発音できずに、何回教えても「がんごぎーぎ」になってしまうのがおかしい。

それでも、「がんごぎーぎかうんたっく」「がんごぎーぎかうんたっく」といっては喜んでいる。
[PR]

# by TONJIES | 2002-07-16 15:24 | 豚児1号 ケイタ
突然訳のわからないセリフが
突然訳のわからないセリフが…


豚児は動きもちょこまかとすばしっこいが、口も早くて小さいころからよくしゃべる子だった。
映画のビデオをよく見せていたので、そのせいなのか、まず最初に覚えたのも、ビデオの中の台詞だった。

わけのわからない言葉を繰り返ししゃべっていることがよくある。その原典は車や電車のビデオのナレーションだったり、映画の台詞だったりする。

「1975ねん、にかいだて、とっても、いいきもち・・」


これは、ちょっと前までよく言っていた台詞で、最初は何を言っているのかまったくわからなかった。
どういう頭の構造をしているのか、この台詞を繰り返し繰り返し言っている。

「1975ねん、にかいだて、とっても、いいきもち・・」

ある日、一緒に電車のビデオを見ていて、やっと気がついた。2階建て電車の説明で同じ台詞を言っている。
「これだったのかぁー」


この前は自転車の前に乗せて二人で散歩していると、ケイタが突然空を指差して叫んだ。

「あーっ、シータが空からおちてくるよー、おとうしゃんー」

思わず空を見上げてしまいましたね。
「本当かよー」

シータというのは宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」の主人公なのですが、街中で突然、大きな声でそう言い出したのでびっくりしてしまった。
[PR]

# by TONJIES | 2002-07-14 15:23 | 豚児1号 ケイタ
まかまかめッー 
まかまかめッー 



まだオムツの取れていないケイタは、たいがいウンチをしてしまった後、
「パンツをかえよう、こっちへおいで!」
と言うと、
なぜだか急に怒り出しす。
「まかまかめっー」
と言いながら逃げていってしまう。

「嫌だ」と言う代わりに自分で作った造語を使っているみたいだ。

まかまかめっー、まかめっー

大意として「私はあなたの言いなりにはなりたくない」と言う意味があるらしい。

自己主張の一つで成長の証しなんだろうけれど、2歳半にもなってオムツの取れない豚児が
ウンチをつけたまま逃げ回っているのを見ていると、とても成長しているとは思えない。

そんなわけで、我が家ではすっかり、ウンチのことを『まかまかめ』と呼称するようになった。

「ケイタぁー、まかまかめした?」
「まかまかめが2日も出ていない」
「明日、健康診断の検便だから、まかまかめを持っていかなくちゃ・・・」

とか・・・


そんなことはないかぁ。



 
[PR]

# by TONJIES | 2002-07-12 15:22 | パンツへの道
ワールドカップ決勝
ワールドカップ決勝 
(15億人の中に入れなかった夜)



楽しみにしていたワールドカップの決勝戦、ブラジル対ドイツ。その晩、カミさんは仕事でいなかったので、ケイタと二人で試合を見ていた。
前半戦、ブラジルの攻撃を守り続けるゴールキーパーのカーン・・・

ケイタは、チラチラとTV画面を見ながら、

「おとうしゃーん、くるま、やろー!」
(大意・お父さん、僕はサッカーの試合よりも車のTVゲームがやりたいのです)

という。TVゲームをやるといっても、所詮、まだ3歳にもなっていないケイタにできるはずもなく、まわりの大人がやっている車のゲーム画面を一緒に見るだけなのだか、車種を選ぶ時に「次は黄色がいい」とか口をはさんで喜んでいる。みているだけで、未だ自分でコントローラーを操る事はできない。
最近、「やろう、やろう。」と、うるさいので寝る前に少しやって、寝かしつけている。

眠くなってきたので、ぐずり始めたらしい。
「おとうしゃーん、くるま、やってくだしゃい。くるまやってぇー」

「でもな、ケイタぁー、今日はW杯の決勝なんだぞ。全世界で今15億人くらいの人が、このゲームの生中継をみているんだ。おとうさんだって、ビデオじゃなくて、なまの中継で見たいじゃないか。」

と言い聞かせても、ケイタの頭の中は「今」この瞬間のTVゲームの方が大事らしい。

「くるま、やってー。くるまーやってくだしゃーい。」

と言って聞かない。
放っておくと、そのうちに泣き出すのは分っていたので、
「よし、じゃあ、この試合が終わったらやってやるよ」
と約束してあげた。
上手くいけは、試合中に眠ってくれるかもしれない・・・

「しあいが、あわったら。しあいが、おわったら・・・」
ケイタは自分に言い聞かせるように、そう唱えていた。

それからは、レフリーが笛を吹いて試合が中断する度に、
「おとうしゃん、しあい、おわったぁ?」
「しあいー、おわったぁ?」
と聞いてくる。
ゲームがやりたいという事で、小さな頭がいっぱいらしい。

そのうちに前半戦が、0-0で終了した。よせばいいのに、NHKはハーフタイムにニュースなんか流し始めた。
これを見ていたケイタは小躍りしている。

「しあい、おわったぁー」
「しあい、おわったぁー、おわったよぉー、おとうしゃんー」

「でも・・・ケイタぁー、まだ後半戦が・・・」

「しあい、おわったぁー」
「しあい、おわったぁー」

「・・・・・・・・・」

しょうがない、ついに、僕はあきらめて、ビデオの録画のスイッチを入れた。

TVゲームをはじめても、ケイタはなかなか寝てくれなかった。
カーンは大丈夫だろうか、と思いながら、1時間ぐらい車のレースをやり続けた。
ケイタがやっと寝てくれて、NHKの中継に切り替えときには、後半戦はもう終わっていた。
[PR]

# by TONJIES | 2002-07-01 15:21 | 豚児1号 ケイタ
口げんか 
口げんか 



これは僕はいなかったので、カミさんから後で聞いた話ですが、
ケイタと2階で遊んでいたときのこと・・・

窓の下を近所の小学生(幼稚園生?)が通りかかった。窓から隣の駐車場を見ていたケイタがその子達に気がついて声をかけたらしい。

「お兄ちゃんたちィー、なにをしてるんですかぁー」

下にいる子供たちもケイタに気がついた。
「ばーかぁ、ばーかぁー」
2階の部屋の中にいるカミさんの姿は下の子供たちには見えないらしい。

そう言われるとケイタは、どこで覚えたのか、大きな声で珍しく言い返した。

「お前こそぉー、ばーか、ばーかぁー」

こんな言葉をどこで覚えたのだろう。言い返すわが子の姿を始めてみた。と後でカミさんが言っていた。
いつもは近所の公園で、ちょっと大きな子達に突き飛ばされても、おもちゃを奪われても、ただボーっとしているだけのことが多い子がはじめて悪口に言い返したのだ。


でも、当のケイタは悪口とか口げんかという概念はまだないらしく、
「お前こそぉー、ばーか、ばーかぁー」と言った相手にすぐに、

「お兄ちゃんたち、しゅごい(すごい)ですねぇー」
とか
「おにいちゃんたちぃー、そんないたずらばかりしてはいけませんでしゅよ。」
とか、トンチンカンな会話らしきものを一生懸命にしようとしている。

ただ、言葉を覚え始めたばかりだなんてことは、下にいる小学生や幼稚園児たちにはわからない。
相変わらず、
「お前のかあちゃん、そこにいんのかよぉー」
とか
「うんこたれー」
と罵声を浴びせてくる。
それに対しても、ケイタは楽しい会話をしているつもりなのか、

「うんこはしていましぇん。」
「うんこは、さっき、しました。」

と一つ一つ丁寧に返答していた。
顔を出すタイミングを逸して、2階の部屋に隠れていたカミさんは笑いをこらえるのがたいへんだった。と後で言っていた。
[PR]

# by TONJIES | 2002-06-01 15:20 | 豚児1号 ケイタ
水族館  
水族館 



葛西臨海公園にある水族館に行ってきた。
ケイタを連れての初めての水族館・・・どんな反応をするのか、楽しみだったのですが・・・

いやぁー、慌ただしかったこと。

水族館の中を走り回る息子を追いかけて、あっという間に出口までたどり着いてしまった。
暗いのと人がいっぱいいるので興奮してしまったのか、ケイタは始終走り通しだった。

水族館と言うと、もっとゆったりと落ち着いて魚を眺めるものだと思っていた。実際にカップルとかも多い。

その中を大きな声で

「♪~さかな、さかな、さかなぁ~、さかなを食べよぉぅー」

と歌いながら、ケイタが駆け抜けていく・・・



カップルのムードもあったもんじゃない。

まあ、バカップルも何組かいたから、そういう奴らは「青魚」でも食べたほうがいいかもしれないけれど・・・
[PR]

# by TONJIES | 2002-05-30 15:19 | 豚児1号 ケイタ
はじめに
はじめに

d0046853_14213519.jpg


ここでは豚児(1999年11月生まれ)の事を少し書いてみようかなと思っています。
親の僕が言うのもなんですが、とっても面白い子どもみたいです。おなかの中にいたときも良く動く子でしたが、生まれたときもジタバタじたばたしていました。いまでも少しもじっとしていない・・・
このすばしっこさはケイタジーニョとして、10数年後のワールドカップ出場の時に生かされるのかもしれない・・・

作っていくうちに親ばか丸出しのページになってしまいました。あーあ、はずかしいー。
僕のキャラではないのですが・・・親ばかならまだいいけど、馬鹿親にだけはならないようにしよう、と思う今日この頃です。
そろそろ甘い父親は卒業して、厳しい頑固一徹な父親になろうと思っています。
星一徹のような・・・・とうちゃん!と呼ばせたい。



(追記)

2003年10月にケイタの下に次男(雅久-ガク)が生まれ、このコーナーのタイトルが変わりました。
豚児の部屋から豚児たちのへやに、そう豚児2号が誕生したのです。 
豚児1号2号ともに、これからもよろしく・・・
[PR]

# by tonjies | 2002-05-05 14:20 | デジカメ日記